• HOME
  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • 医院情報
  • ヨイハニ 042-378-4182
  • インターネット予約

できるだけ歯を残したい~根管治療~

重度の虫歯には根管治療を行います

虫歯が重度にまで進行してしまった場合、根管治療が必要となります。これは、歯を抜かずに残すための治療です。重度の虫歯でもこの根管治療によって歯を残せる場合があります。稲城市JR南武線「矢野口駅」徒歩5分の「君嶋歯科医院」では、なるべく歯を残す治療にも力を入れています。

根管治療とは?

根管治療とは?

根管治療とは、重度の虫歯に適用する方法で、虫歯菌によっておかされてしまった歯髄を抜き取り、きれいに洗い流し、除菌した上で薬剤を詰める治療法です。これによって、神経まで到達してしまった重度の虫歯であっても、抜歯することなく、歯を残すことができる場合があるのです。

しかし、歯髄が通る根管は、複雑な形状をしていることから、高度な技術が必要です。万が一、虫歯菌に感染したままの歯髄が残ってしまい、虫歯が再発してしまうと、もう抜歯を避けられません。そのため、丁寧な治療、そしてメインテナンスも重要となります。

根管治療が必要な方

根管治療は重度の虫歯に対して行われる歯科治療です。次に挙げられるような症状が出ている方は、根管治療を行う必要がある可能性が高くなります。

  • 冷たいもの、熱いものなどを口にした際に歯に痛みがある・しみる
  • 歯を咬み合わせた時に痛む
  • 歯ぐきが腫れており、指で押すと痛みがある
  • 何もしていないのに痛む

根管治療の流れ

1.汚染部の除去
1.汚染部の除去
2.深さの計測
2.深さの計測
3.消毒
3.消毒
虫歯になっている部分や、汚染された神経や汚れを削り取ります。 根管の長さを計測します。 根管の内部をしっかり消毒します。
4.薬剤の注入・密封
4.薬剤の注入・密封
5.土台作り
5.土台作り
6.被せ物の装着
6.被せ物の装着
根管内に薬剤を充填して、密封します。 被せ物を支えるための土台を固定します。 歯の機能を補うために、被せ物を装着します。

治療の中断は絶対にしないでください

治療の中断は絶対にしないでください

治療中の歯は、削られることによって非常に弱い状態になっています。進行してしまった重度の虫歯の場合、痛みを感じづらくなっていることも多いことから、治療を中断してしまい、自覚症状もないままで、気づいた時には手遅れになっていることもあります。特に精密さと、メインテナンスも求められる根管治療は、完了するまで歯医者さんに通い続け、しっかり治療を受けてください。

歯を残す虫歯治療をお考えの方はこちらから